読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丹治ひこ太

こだいらまちづくり日記

鈴木遺跡に住んでいた人々は武蔵野台地を統括していた!

 鈴木遺跡が発掘された当時、黒曜石がきわめて大量に発見され学者を驚かせました。黒曜石は火山噴火に伴ってできる石で長野、八ヶ岳、箱根など遠方から持ち込まれたものです。考古学者の稲田先生はこの遺跡の人々が、遠方から持ってきた黒曜石を武蔵野台地の各集団に配布し、統括していたと推測しました。

 現在では他の遺跡から同量の黒曜石が見つかり、その説は説得力を失ってきています。しかし、量の多さは間違いはなく、結構な賑わいを見せていたのではないでしょうか。

問い合わせ先:hikotatanji@gmail.com