丹治ひこ太

こだいらまちづくり日記

水源地として小平

 もう一つ水がらみで。

 玉川上水の話で、小平には水がないというイメージが強いですが、水源があるという話を。

 以前鈴木遺跡の話をしましたが、あの崖の下には石神井川の水源がありました。現在は、小金井カントリークラブ内の方に移っているそうですが。

 勘がいい人はあの崖の辺りの湿っぽさを感じますよね。

 鈴木小の中には今でも湧水が出てくるところがあり、建設当初コンクリが固まらず困ったところらしいです。今では、湧水の場所として保存されています。鈴木小に入られる機会がありましたら、どうぞ見学してください。緩やかに水が湧いています。

 そして、もう一か所、水源が。小平霊園の雑木林の中の「さいかち窪」。東村山との境目になりますが、クマのプーさんが散歩してそうな素晴らしい雑木林です。

 普段は枯れていますが、雨が降ると、ここに霊園付近の水が集まり、ここが黒目川の水源となるのです。黒目川は落合川とつながり、新河岸川へとつながります。

 これは小平ではないですが、学芸大学と小金井本町団地のあたり、ラーメン二郎のあたりは、仙川の水源です。

広告を非表示にする
問い合わせ先:hikotatanji@gmail.com